用事があって久しぶりに市内の大通りに出てみたらツタヤのアウトレットが出来ていて、そこの中古コミックスコーナーでリアルタイムでは読んだことなかったきまぐれオレンジロードのコミックスがあったのでつい買ってしまいました。
それから帰って来たら千葉テレビでめぞん一刻のアニメがやってて、こちらもリアルタイムではほとんど観た記憶がないので新鮮な感じで観ました。
めぞん一刻にしろきまぐれオレンジロードにしろ、今読むと80年代当時の日本の雰囲気が随所に感じられて歴史的にも意味があるように思えます。
話のところどころにバブルの雰囲気の片鱗も見え隠れしているのが時代を感じさせるところでしょうか。
めぞん一刻は今視るとアパートの住人たちがことあるごとに酒盛りしていてこの人たちはどれだけ酒飲んでいるんだと思いますが・・・・w
しかし現代は良くも悪くも個人主義が進んで孤独に生きている人も増えているのでこういった人情ある風景がむしろ懐かしく思えたりもします。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする